鼈の独り言(妄想編)

suppon99.exblog.jp
ブログトップ

ノルマン人の北方開拓 ~コロンブスに先んじた冒険開拓者達~

 学校の歴史の授業ではヨーロッパ人のアメリカ大陸発見をコロンブスの航海によるものと教えているが、現在ではヨーロッパ人のアメリカ大陸発見はそれ以前に行われ、入植も行われていたことが分かっている。この入植は最終的には定着せず、入植地は人々から忘れられ消滅していった。今回はこの「ノルマン人のグリーンランド及び北アメリカ入植」を考察したい。

 ノルマン人によるグリーンランド入植が記録上に搭乗するのは西暦980年頃からである。入植したのは「赤毛のエイリーク」と呼ばれた男で、この男の物語である「赤毛のエイリークのサガ」によれば彼は殺人を犯し3年間の国外追放になった際現在のグリーンランドを冒険し、帰国後この地への入植を熱心に説いて回ったという。この際入植希望者を引きつけるためこの地を緑溢れる地「グリーンランド」と名付けたと言われている。
 現在グリーンランドは氷に覆われた極寒の地であるが、赤毛のエイリークの命名は決して膨張とはいえない。この時代は「中世の温暖期」と呼ばれる温暖な気候が続き、たとえば日本の記録では温暖化が顕著化した現在とほぼ同じ頃に「桜」の開花が始まったことが記録されている(この時代の「桜」は「ソメイヨシノ」ではなくエゾヤマザクラだったことを考えると現在よりも温暖だった可能性が高い)北極付近でも気温が上がりグリーンランドでも森林が広がっていた可能性が高い。エイリークの入植活動は成功し、グリーンランドでは最盛期に二カ所の入植地に8,000人が暮らす規模にまで発展する。

 グリーンランドの入植から数年後、さらに西に陸地があることが発見される。サガの記録によると985年、グリーンランド入植へ向かう船が嵐で航路を外れ、西に流された際に陸地を目撃したというのが最初の記録である。その目撃談を元にレイフ・エリクソンという男がその地の探索を行い、15年後にはヴィンランドと名付けられた地に小規模の開拓地を持ったという記録が残っている。さらに記録によるとこのほかに小石に覆われた「へッルランド」、森林が多い「マルクランド」という二つの地を発見したと記録されている。グリーンランドでは入手できない木材を産するマルクランドは重要な発見であった。

 しかしヴィンランドの入植地を含め、この新たに発見された地は恒久的な入植は行われなかった。原因の一つとして考えられるのは先住民との対立があったからだろうと思われる。「サガ」の記録にも「スクレリング」と呼ばれる先住民との闘争が記されており、先住民との争いが当初からあったことが推察できる。また憶測であるが、グリーンランドの入植地も結局は「交易地」に止まっていたことも関係してくるかもしれない。入植を行ったとはいえグリーンランドの気候は厳しく農作物は自給自足がやっとではなかったと思われ、重要物品はおそらく交易によって得られていたのではないかと思われる。時代が下って1261年にグリーンランドの住民はノルウェー王国の支配を比較的すんなりと受け入れたのは交易の安定した継続を望んだことが背景にあるかもしれない。新たな土地に無理に入植して負担を増やすよりも交易品となるもの(毛皮等)を入手するために新たな土地へ行き来すればいいと判断があったと思われる。それでも北アメリカ大陸とグリーンランドとの行き来は数百年続き、ノルウェー王国の硬貨やヨーロッパで製造された物品が後に北アメリカで発見されている。

 14世紀に入るとグリーンランドの入植地は衰退してゆく。「中世の温暖期」が終わり地球は小氷河期と呼ばれる低温時代を迎える。グリーンランド周辺は海が結氷する時期が長くなり海氷も増えたため航海に危険が伴うようになり交易は衰え、農作物の収穫も激減したと考えられている。寒冷化が入植地衰退の最大の原因であろうが、それに加えてヨーロッパでの商貿易の中心が地中海へ移りアフリカから大量に毛皮、象牙などが輸入されグリーンランドの物品の取引が衰退したことも一つ要因となったとも考えられる。
 グリーンランドに二つあった入植地の一つは1350年頃に放棄、1378年には入植地の司祭も居なくなり1408年に一件の婚姻があったことを最後にグリーンランドの入植地の記録は途絶えてしまう。1450年頃にはグリーンランドからヨーロッパ人は姿を消したと考えられている。

 しかしヨーロッパではグリーンランドの記録は忘れられた訳ではなかった。連絡が途絶えて約300年後、ノルウェー王国はグリーンランドへ探検隊を派遣する。この探検隊の主な目的は中世の「カトリック」がグリーンランドに残っているかどうかの調査であったことは興味深い。探検隊が発見したのは廃墟と化し、氷に埋もれた入植地の跡であった。さらに1960年代にニューファンドランド島で開拓地が発見され、ノルマン人がアメリカ大陸周辺に到達したことが確実視されるようになった。この地はサガの記録に登場する「ヴィンランド」と推定されている。残る「ヘッルランド」はバフィン島、「マルクランド」はカナダのラブラドール地方と推定されているが、その証拠となる遺跡はまだ見つかっていない。

e0287838_15153995.jpg

 グリーンランドに入植を行った「赤毛のエイリーグ」後年に書かれた想像の肖像画で生前の彼の風貌を描いた絵画は見つかっていない。
[PR]
by narutyan9801 | 2013-09-27 15:27 | 妄想(歴史) | Comments(0)