鼈の独り言(妄想編)

suppon99.exblog.jp
ブログトップ

フローレス島 最も小さいヒト属がかって暮らし、最も大きなクワガタが暮らす島

e0287838_8531670.jpg


 インドネシアのフローレス島は東西に細長い島である。熱帯気候のこの島は様々な生物が生息するが、かってここには身長1mあまりの人類が暮らしていた。他方この島には世界最大のクワガタムシが現在も生息している。そんな不思議なフローレス島を今回は考察してみたい。

 フローレス島で新種のヒト属の骨が発見されたのは2003年、鍾乳洞の中で七体分の骨格、獲物と思われるステゴドン(象の仲間)の骨、石器などが発見された。骨は大きさから最初子供のものと思われていたが、詳細な研究の結果大人の骨と分かり、新種のヒト属ホモ・フローレシエンシス(Homo floresiensis)と命名された。発見された洞窟では再度の調査で新たに右腕部分と下顎骨が発見された。下顎骨は人間の骨の中でも損なわれやすく、体全体のバランスを見るためには重要な骨で、この骨の発見により小型のヒト属であるという説の重要な証拠となっている。

 動物が島に閉じこめられると、体が矮小化することがある。島嶼化と呼ばれる現象で、たとえばフローレス島に生息していたステゴドン象は肩の高さが1.5mほどにまで矮小化していた(マンモスでは肩高1m前後まで矮小化したコビトマンモスという種類が知られている)フローレス人も島に閉じこめられ、矮小化したのだろうか?それとも何らかの要因で大きくなれなかったのだろうか?その原因は未だに解明されていない。
 フローレス人は約12,000年前の火山活動により獲物だったステゴドン共々滅んだと考えられているが、それより以前にフローレス島(当時は陸続きだったと考えられている)には現世人類のホモ・サピエンスも定着していた。現世人類とフローレス人は数万年ほど共存していたと思われる。そして近世までフローレス島には小人が住んでいる伝説が残っている。もしかしたらフローレス人がまだ生き残っているのかもしれないし、共存した人類が記憶の片隅に焼き付けたものが幻を見せているのかもしれない。

 最小の人類が生息していたフローレス島には現在、世界最大のクワガタムシであるギラファノコギリクワガタ最大亜種であるP.g.keisukeiが生息している。亜種名が日本人の名前(ケイスケ)なのは命名者である日本人がご自身のお子さんの名前を亜種名に付けたからである。このギラファノコギリフローレス亜種、最大♂で121mmのものが見つかっている。自分も昔人工繁殖させ100mmオーバーのものを羽化させたことがあるが、120mm越えとなると梅酒を付けるガラス瓶を使わないと羽化不全になりそうなサイズである。

 さらにフローレス島には世界最大のトカゲであるコモドオオトカゲも生息している。こちらは海を泳いでフローレス島に定着したと思われているが、餌の不足により生息頭数が減っているそうである。最小の人類がかって暮らし、世界最大のトカゲとクワガタムシが今も住み続けるフローレス島、その自然がずっと保全されるよう祈りたい。
[PR]
by narutyan9801 | 2013-03-20 08:57 | 妄想(生物) | Comments(0)