鼈の独り言(妄想編)

suppon99.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ハリー・オニール ( 1 ) タグの人気記事

ハリー・オニール ~硫黄島で戦死した元メジャーリーガー~

 今週は太平洋戦争で戦死した四人の日本人野球選手のお話を書いたのだが、日本と戦ったアメリカでの野球選手の戦死者はメジャーリーグ経験者に限っていえばごく少数である。もちろんマイナーリーグや独立リーグ経験者での従軍者数は相当な人数になると思われるが、徴兵対象者を根こそぎ応召した日本と違いある種著名人であるメジャーリーガーを徴兵して戦地に送るリスクや、そもそもそこまでの兵力は必要なかったためと思われる。今回は数少ないメジャーリーガー戦死者の一人、ハリー・オニールを考察したい。

 ハリーは1917年にフィラデルフィアで生まれている。ゲティスバーグ大学時代彼は野球、フットボール、バスケットボールの選手として活躍、卒業後はフィラデルフィア・アスレチックスにマイナー契約で入団する。
 入団した年の7月にメジャー昇格し1939年7月23日のデトロイト・タイガース戦の終盤にキャッチャーのポジションに入りメジャーデビューを果たすことになる。この日の試合はアスレチックスが大差で負けておりいわゆる敗戦処理の出場であった。結局この試合でハリーに打順は回ってこず守備機会もなかったためハリーの出場は記録上は出場しただけの無記録である。そしてこの試合がハリーにとって唯一のメジャー出場になったのである。

 その後二年ハリーはアスレチックに所属するがメジャーリーグへの出場は果たせなかった。1941年にアスレチックスを退団したハリーは翌年海兵隊に入隊するのである。すでに太平洋戦争が勃発しており戦争の波は元メジャーリーガーの運命も左右する大きさになっていた。

 二年間の訓練後海兵中尉となったハリーは第4海兵師団第25海兵連隊に配属され歩兵戦闘の指揮を執ることになる。彼は初陣となるサイパン島の戦いで肩に負傷、後送される。そして傷が癒えたハリーが向かったのは硫黄島であった。 硫黄島の戦いで第四海兵師団は上陸作戦から参加、大きな損害を被る。上陸戦と硫黄島南の擂鉢山攻略で損耗した第四海兵師団はいったん後退し再編成を行った後、北方の日本軍陣地攻略を再開する。そして3月6日歩兵戦闘を指揮していたハリーに一発の銃弾が命中する。ハリーを撃ったのは日本軍の狙撃兵であると言われているが定かではない。この時ハリー・オニール27歳。

 ハリーは太平洋戦争で戦死した唯一のメジャーリーガーと言われている。

[PR]
by narutyan9801 | 2014-09-26 23:50 | Comments(0)