鼈の独り言(妄想編)

suppon99.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

駆逐艦 子日 ~ 今日は何の日? ネノヒダヨー ~

 旧日本海軍の艦艇の命名には規定があり、例外もあるがおおむね規定に則って命名されている。このうち駆逐艦の命名は気象現象や気候、潮流に関するものとされており、それに加えて睦月や如月といった月を表す古語も艦名として用いられている。ところが日本語には「二十四節季」など特定の「日」を表す言葉が多数あるのに対し、駆逐艦の名前として用いられたのはただ一つの例を除いて存在しない。今回はその一つだけの例となった駆逐艦「子日」を考察したい。

 暦でいう「子日」とは立春後最初の十二支の「子」の日のことをいう。古来この日は「子の日の遊び」という。この日人々は野外に出て長寿を祝う催しを行った日であり「子日」はその目出度い日を艦名としたのである。
 最初に書いたように艦名が特定の日を示す名前を付けられたのは日本海軍では子日が唯一の例と言っていいが、諸外国特にスペインの影響を受けた国々では多くの例が見られる。たとえばアルゼンチン海軍が保有した重巡洋艦、及び航空母艦に命名された「ペインティシンコ・デ・マヨ」(Vainticinco de Mayo)はそのものズバリ「五月二十五日」である。これはアルゼンチンの独立記念日を記念しての命名であるが、日本人にはこの命名、ちょっと馴染みにくいといえる。
 
 「子日」を艦名とした艦艇は二隻ありいずれも駆逐艦だった。初代の子日は明治三十八年10月1日に竣工した神風型(初代)に属する駆逐艦であった。当時日露戦争開戦に伴う海軍増強計画での建造で、起工から竣工までわずか3ヶ月という短時間で建造されている。それでも初代子日は日露戦争には間に合わなかった。第一次世界大戦の青島攻略に参加したのが唯一の実戦参加で、大正一三年に掃海艇に転籍、昭和三年に除籍されている。

 二代目子日は初春型駆逐艦の二番艦として昭和六年12月15日に起工、昭和八年9月30日に竣工したとなっている。しかし子日が実際に竣工したのは昭和12年に入ってからであり、それまで多くの改正工事が行われたのである。

 そもそも初春型駆逐艦はロンドン海軍軍縮条約で駆逐艦の保有トン数が定められ、さらに1500トンを越える大型駆逐艦が占める割合が駆逐艦の保有トン数の16%とされた日本海軍が1400トンの排水量で特型駆逐艦と同等の武装と速度を持たせようとした艦で設計に無理があり、ネームシップの初春の竣工前の公試の旋回試験で転覆しかかるなどの問題点の改正のため一旦竣工した上でそのまま改正工事に入ったのである。この改正工事の最中に水雷艇友鶴の転覆事故が起こり初春型駆逐艦にはさらに抜本的な改正が行われることになった。この改正工事で艦橋の縮小、魚雷発射管の一部撤去、備砲の位置改正、重心の低下工事及びバラストの装着などの追加工事が行われ、三年の工事の末子日は初春と共にようやく実務に服せるようになる。速力は3ノット低下、魚雷発射管は特型駆逐艦の2/3となったが、その後の運用実績は良好で子日は艦隊所属後直ちに日華事変に従軍している。武装が縮小されたとはいえ初春型の駆逐艦の武装は当時の列強海軍の駆逐艦の武装と遜色は無く、速度がやや劣るものの運用面では十分な実力を備えていた。限られた排水量で無理な武装を装備させようとした設計思想が根本的な問題であり、身の丈にあった装備にしていれば3年間の改正工事は必要なかったと言える。この初春型の経験があったからこそ日本海軍は艦隊決戦に用いる実力を備えた「甲型駆逐艦」を建造できたともいえ、初春型は理想の駆逐艦を建造するための試金石の役割を担ったと言えよう。

 太平洋戦争勃発時子日は国内に残っていたが、1942年初頭から行われた蘭印攻略作戦に参加、その後北方部隊に転じアッツ島攻略部隊に加わる。アッツ島攻略後は同島の哨戒を行っていたが昭和十七年(1942年)7月5日、アガッツ島北方で米潜水艦トライトンの雷撃を受けて沈没する。初春型駆逐艦では初の戦没艦であった。

e0287838_141857.jpg

竣工直後の二代目子日、特型と比べて高く大きい印象のある艦橋、艦前方に二基三門配置された備砲(特型駆逐艦は艦前方には一基二門)が精悍な印象を与える。この艦型で完成した初春型は初春、子日の二隻だけであり、両艦とも竣工後すぐ改正工事に入ったためこの艦型であったのは短い時間であった。



[PR]
by narutyan9801 | 2013-11-07 14:11 | 妄想(軍事) | Comments(0)

メガロドン ~新生代の海に君臨した王者~

 パニック映画「ジョーズ」シリーズは巨大な鮫が次々と人間を襲い、人間が感覚として失ってしまっている非捕食者の恐怖を思い出させる映画である。この映画に出てくる真の主人公「ジョーズ」は現在も生息する「ホホジロザメ」をモデルにしている。ホホジロザメは人間を襲う可能性のある鮫の中では最も大きくなる鮫で全長6mに達する個体も存在するが、過去にはそれを遙かに凌駕する巨大が鮫が地球上に存在した。今回はその巨大ザメ「メガロドン」を考察したい。

 メガロドンは約1,800万年前から200万年前に生息した巨大ザメである。その大きさは最大個体で13mから20mと諸説あるが、実際のところどれぐらいまで大きくなったかは定かではない。サメの仲間は歯を除いた骨格が軟骨で形成されており、非常に化石が残りにくい。メガロドンの化石も現在のところ歯以外の化石はほとんど発見されておらず、体長についても歯の化石から現世のホホジロザメの大きさと比較して推測した値である。そもそもメガロドンとホホジロザメが系統的に近縁種であるという確証はなく、将来より完全な化石が発見された場合メガロドンの体長は大きく変わる可能性がある。

 メガロドンは絶滅した魚の中では一般的な知名度は高い方だと思われるが、実際のところ詳しい生態はほとんど分かっていない謎の魚である。どんなサメから進化したのか?どのような生活を送っていたのか?なぜ絶滅したのか?等々ほとんどはっきりとしたことは分かっていない。現世のホホジロザメの生態から推測するしかないのが現状である。

 現在のホホジロザメの主な獲物は海生ほ乳類である。これは軟骨魚類であるサメは硬い骨を持つ硬骨魚類を補食するには身体能力が不足しているためであると言われている。おそらくメガロドンの主な獲物も海生ほ乳類、特に鯨を獲物としていたと思われる。同じ時代の鯨の化石の中にはメガロドンに食いつかれた跡が骨に残っている化石が複数見つかっている。現在のホホジロザメのように状況によっては死骸など腐肉食もおこなったであろうが、メガロドンは最大のサメに相応しくクジラを襲うどう猛な捕食者として第三紀の海に君臨していたのであろう。
 「ジョーズ」でホホジロザメは狡猾かつ獰猛なイメージを与えられてきたが実際のホホジロザメは同種間でコミュニケーションをとることが分かっており、他の個体に餌を分け与える習性があることが観察されている。メガロドンにそうした習性があるかどうかは確かめようがないが、史上最大の肉食魚類に仲間を認識する知性があったとしたらなかなか楽しいことである。

 メガロドンの絶滅の原因としては様々な要因が挙げられている。メガロドンの生息する大陸棚の海水温が低下し生息域が狭まったためという説。主な獲物であった鯨が寒冷海域に適応し獲物が少なくなったためという説。そして最近有力視されているのが強力なライバルである「シャチ」の出現によるという説である。
 少なくとも体長10mは越えるであろうメガロドンと体長では半分ほどの大きさのシャチでは体力においては勝負にならないような感があるが、実際のところメガロドンは俊敏さにおいてシャチにはかなわなかったと思われる。現世のホホジロザメは6mもの体を水面上からジャンプさせることができる身体能力をもっているが、それでも瞬間的な最大遊泳速度は時速40kmに届かない。身体構造と抵抗を考えるとメガロドンはホホジロザメより鈍重であったことは間違いなく、時速60km以上を発揮でき小回りも利くシャチに遊泳能力ではかなわなかっただろう。
 そしてメガロドンの身体自体に大きな弱点があったことが指摘されている。彼らは「軟骨魚類」である。硬い骨を持たない彼らの身体は衝撃を受けると内蔵組織にまで衝突の衝撃が伝わってしまう弱点を持っていた。現世のホホジロザメも子供のイルカを襲おうとして母イルカの反撃の体当たりを受け死亡してしまった例が観察されている。またシャチがホホジロザメを補食する例も知られており、成体はともかく幼体のメガロドンは直接シャチに補食されていたと考えられている。シャチとの競合と狭まった生息環境の圧迫がメガロドンを絶滅に追いやったというのが現在のところメガロドン絶滅の理由として最も有力視されている。

 メガロドンの歯の化石は日本でも発見され、「天狗の爪」と思われてきた。海の王者であったメガロドンの歯が神通力を持つ天狗の爪とされたことは、メガロドンにとっては名誉なことだろうか、はたまた迷惑なことだろうか?ちょっと興味を引かれるところである。

e0287838_12233755.jpg

メガロドンの歯の化石。長さこそ地上最強の肉食動物ティラノサウルスには及ばないが幅はティラノサウルスを凌駕する。歯の縁はノコギリのギザギザがあるが、これはティラノサウルスの歯にも共通する特徴である。
[PR]
by narutyan9801 | 2013-11-01 12:27 | 妄想(生物) | Comments(0)