鼈の独り言(妄想編)

suppon99.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:写真( 10 )

エゾゼミ

e0287838_927444.jpg

 久々に妄想以外の投稿

 写真のセミは「エゾゼミ」、エゾと付いているけど別段北国に生息しているわけではなく、九州にも生息している。それどころかこのセミの起源は南方系でクマゼミに近い仲間と言われてる。

 しかしこのセミ、大の「人間嫌い」というより森林を好むので、結構派手な外見の割には知られていないセミ。自分も相双地域に居たのは知っていたけど初めて見たのは30年以上前の上栃窪の森林で。

 でも今年は結構開けた場所でも見るようになった。この個体は灯火に引き寄せられて来た個体。去年は見かけなかったので何か原因がありそう。悪いことでなければいいが。

 エゾゼミについて詳しくはこちらで
[PR]
by narutyan9801 | 2013-09-10 09:42 | 写真 | Comments(0)

つぐみん正面顔

e0287838_10243039.jpg


もっふもふなつぐみん(ツグミ)もうすぐ北に帰る季節だねぇ。つうかもうツバメ来てるんだけど…。
[PR]
by narutyan9801 | 2013-04-12 10:26 | 写真 | Comments(0)

花鳥風月といきたかったのに…

e0287838_1017547.jpg


鳥(ヒヨドリ)に逃げられるの図。まったくもう。
ま、奴にしてみれば食事中に不審者が近寄ってきたんだから逃げるのも当然か
[PR]
by narutyan9801 | 2013-04-12 10:20 | 写真 | Comments(0)

パンスターズ彗星 撮影は厳しいっすね

パンスターズ彗星が近日点を超えて5日、見頃な筈なんですが残念ながら明るくならないですね。
昨日ちょっと観に行ってきたんですが、肉眼では確認できず…。
当てずっぽうに撮影した写真にそれらしいものは写っていたんですが、あまりにもひどい出来なので
公開できるレベルではなく…。
ロケーション的には最高なんですがね。

e0287838_9291274.jpg

普通のコンデジオート手写しで冬の第三角だけでなくオリオン座のベルトまで写せる環境って滅多にないはず。

あと、案外邪魔なのが航空機、南相馬上空は航空路なので結構頻繁に飛行機が飛びます。

e0287838_934283.jpg

パンスターズ彗星撮影できたよって騙せそうな写真が何度でも撮れます。

今日も天気が良さそうなので、ちょっと挑戦してみます。あんまり期待できないですがね。
[PR]
by narutyan9801 | 2013-03-16 09:37 | 写真 | Comments(0)

昨日の夜空

e0287838_20381666.jpg


 今の時期夜空では一等星が条件によっては七つ同時に見ることができます。ベテルギウス、リゲル、プロキオン、シリウス、アルデバラン、ボルックス、条件によってはカノープス(水平線近くの星なので見ることは難しい)今年は木星も加わって賑やかな星空です。

 そんな星空を撮影。一応木星、レグルス、ベテルギウス、シリウス、そして月が写っているはずですが、目で見えるのは月を除けば木星とシリウスだけですね。拡大してみればリゲルとベテルギウスも見えますが、やっぱりデジイチと天体望遠鏡欲しいな。
[PR]
by narutyan9801 | 2013-02-22 20:44 | 写真 | Comments(0)

白鳥撮りのつもりが

昨日2月5日、ちょっと岩沼に行く用事があり、途中で白鳥が近くで見られる場所を思い出してS4500の撮影練習も兼ねて出かけてきました。

撮影した場所は、宮城県県南のとある場所。国道六号線の本当に脇のため池。しかも近くで土木工事中で10tダンプがひっきりなしに走っているような状況…。そんな中いつも一羽の白鳥が佇んでいる。朝には10数羽の白鳥がいるのだが、昼間通ってみるといつも一話だけ残っている。何か訳ありなのかもしれない。外見からは特に問題があるようには見えないんですが…。

e0287838_16345383.jpg


件の白鳥さん。昼間は寝ていることが多いんですが、撮影に気づいて起きちゃいました。

白鳥の周りにはカルガモがたくさんいます。

e0287838_16402446.jpg


そしてカルガモの中にちょっと見慣れない鳥が!よく見るとオオバンでした。

e0287838_1641425.jpg


オオバンも一羽のみ。群れない鳥ですが、環境によっては大きな群れを作ることもあります。


水鳥の撮影を終えて、ちょっと周りを散策してみました。シジュウカラの鳴き声がして、姿も見えるんですが、ズームとピント合わせが追いつかず撮影できませんでした。一眼でMFなら一秒程度でできる作業なのに…。やっぱり一眼デジカメ欲しいなぁ。

そんな中、遠くに目を引くピンク色の鳥が!肉眼では種類まで確認できないので、望遠レンズ+デジタルズームで撮影。これはコンデジならではの仕事。

e0287838_16484269.jpg


撮影してみると正体は「ベニマシコ」。本来はもっと南(関東以西)で越冬する鳥なはず。真冬に宮城県で見るのは珍しい。

デジタルズームの威力に調子に乗って、どれぐらい遠くが取れるか実験してみました。80mぐらい先にドバトが止まっているのを見つけ、108倍ズーム撮影

e0287838_1652142.jpg


しかしこれだけ遠いとシャッターのブレが半端ない。被写体をセンターに持ってくるのは至難の技です。

最後に、途中の用水路でチドリ?を撮影。遠いしシルエットだしで種類は分からず?わかる人いますかね?

e0287838_16532975.jpg



S4500、不満もありますが、なかなか働けるところもあります。要は使う人間しだいというところですかね?

PS:最後のチドリ?プレビュー見たらオオチドリっぽく見えたんですが、違いますよね?
[PR]
by narutyan9801 | 2013-02-06 16:57 | 写真 | Comments(0)

かくも自然は厳しいなり

e0287838_18242590.jpg

そして前回投稿したヤママユの二時間後の姿。これが自然界の現実というものか…。
[PR]
by narutyan9801 | 2012-09-08 18:26 | 写真 | Comments(0)

ヤママユ(写真閲覧注意!)

e0287838_1750472.jpg


写真はヤママユ。国語の教科書に取り上げられた「夏の日の思い出」でエッミールが羽化させ、主人公がその標本をぼろぼろにしてしまった件の蛾である。あの作品では相当レアな鱗翅目のような取り上げかたをしていたが、ここ福島県相双地区ではごくありふれた普通種である。
このヤママユの仲間(ヤママユガ科)は口が退化していて、羽化した後の成虫は幼虫時代に蓄えた栄養だけで生きるので成虫の寿命は短い。以前は灯火に集まってきた個体を山に返していた時期もあったけど、どうも灯火に集まってきた個体というのは、体力をほぼ使い果たして弱っている個体が多いようなので、それならば外敵に捕食されるのも仕方ないと、放っておくことにしている。

こんな外見の蛾だけど、彼らは蚕の仲間で蛹になるときは繭を作る。その繭からは緑色の生糸が取れ「天蚕糸」と呼ばれ珍重されている。ヤママユガ科の幼虫は蚕よりも繊細で飼育が難しい。エッミールは「羽化させた」としか書かれていないので幼虫飼育をしていたかは不明だが、もし幼虫から飼育していたのであれば、標本技術だけではなく昆虫飼育の技量も相当高かったと思われる(笑)
[PR]
by narutyan9801 | 2012-09-08 18:11 | 写真 | Comments(0)

朝顔に潜む刺客

e0287838_8501161.jpg















写真は我が家の庭に咲いている朝顔。残暑が厳しいが暑さに負けず毎日花開いている。
この写真の撮影中、近所のご婦人が花を撮影していると思って近づいてきて「綺麗ですね~」と声をかけてくれた。「そうですね。毎日よく咲いています」と答えたのだが…。


e0287838_8551353.jpg















実際は朝顔の裏に潜んで獲物を待っているカニグモを撮影したかったのだったりする。ごめんなさ~い。朝顔も撮影したから許して。
[PR]
by narutyan9801 | 2012-08-31 08:59 | 写真 | Comments(0)

シロスジカミキリのトゲ

写真は、シロスジカミキリの頭胸部。恥ずかしながら何百回と見ている虫なのに、胸部にトゲが
あることを今回初めて知りました。

人生半分過ぎたけど、まだ身近な虫の知らんことって多いな。
e0287838_1443225.jpg

[PR]
by narutyan9801 | 2012-08-19 14:44 | 写真 | Comments(0)