鼈の独り言(妄想編)

suppon99.exblog.jp
ブログトップ

スミロドン 特化しすぎた狩人

 今から約300万年前の南北アメリカ大陸には大型の草食性ほ乳類が多数生息していた。それらを狩る肉食動物も大型化する獲物を捕らえるべく進化し、ある肉食獣の中には犬歯を大きく発達させ、それを用いて大きな獲物を狩るものが現れた。いわゆるサーベルタイガーの仲間である。その仲間でも一番最後に現れたスミロドン、今回はこの雄々しくも哀しい獣を考察してみたい。

 スミロドンは約300万年前から10万年前まで南北アメリカ大陸に生息していた。最初北アメリカ大陸で誕生したスミロドンはパナマ地峡の形成により南アメリカ大陸に進出し、南アメリカに渡ったグループの方が体が大きくなったと言われている。体の特徴はなんといっても発達した犬歯で、最大で24センチにも達している。体長は現在のライオンよりも若干小さめではあるが、犬歯の存在のためか模型などを見るとライオンよりも大きくすら見える。前足と肩は現世のネコ科動物と比較するとよく発達しているが、後ろ足は短く、腰が引けたような歩き方をしていたらしい。現世の動物だとハイエナの歩き方が近いといえる。その体勢のため早く走ることができず、獲物を狩る時は待ち伏せが主体であったと考えられる。
 スミロドンの狩りは待ち伏せた獲物に飛びつき、前足で獲物に抱きつき、犬歯を獲物に突き立て獲物に致命傷を負わせる方法だったと考えられる。突き刺した犬歯の内側はステーキナイフのような鋸状になっており、顎を閉じることにより突き刺した部分から引き裂けるようになっていた。この傷が気管や動脈などの重要組織を損傷させ、獲物を死に至らしめるのであるが、獲物が死ぬまでは時間がかかり、その間に反撃を受けることが多かったらしく、スミロドンの化石には骨折などの怪我をした個体が多く見受けられるという。ちなみに現世のネコ科動物は犬歯を脊髄に打ち込み獲物を即死させることができる。スミロドンがもし脊髄に犬歯を打ち込んでもスミロドンの犬歯は強度が弱く、折れてしまったり根本から抜けてしまったといわれている。

 獲物を倒してもスミロドンは獲物を十分に堪能することができなかった。あまりに巨大な犬歯はスミロドン自身の顎の噛み合わせすら阻害し、スミロドンは完全に上顎と下顎をかみ合わせることができなかったと言われている。そのためスミロドンは内蔵などの柔らかい組織だけを食べ、硬い筋肉などは食べられなかったと思われている。

 スミロドンの犬歯は、自分よりも大型の獲物を捕らえることを可能にすることができた素晴らしい武器ではあった。しかし、その大型の獲物が居なくなっては「諸刃の剣」でもある。約10万年前、地球が寒冷化に向かい、大型の草食動物が絶滅し、生き残った大型草食獣もマンモスのように群を作りスミロドンの狩りに不向きなものとなっていった。そしてオオカミやジャガーなど、環境により適応したライバルたちの出現がスミロドンの衰退に拍車をかける。せめてその牙が大型獣以外も狩れる利便性を兼ね備えていたらスミロドンはより洗練された肉食獣へ進化できたかもしれないが、スミロドンの牙は特化しすぎ、後戻りできない状態まで進んでしまっていたのである。

 北アメリカ大陸、現在のカリフォルニア州には地表にタールが湧きだし、大きな沼となっていたタールピットと呼ばれる地形がある。タールは粘性が高く、多くの動物がここで足を取られ死んでしまい、後年発掘されている。このタールピットで多くのスミロドン(推定2,000体以上)が発見されている。足を取られた動物を狩ろうとして自らも死んでしまったと思われ、そのためか「スミロドンは愚かだった」という説も存在する。
 確かに知能は後から現れた肉食獣には劣っていた点もあっただろう。しかしスミロドンには怪我をして動けなかった仲間に餌を運ぶ「感情」が存在していた(脊髄を損傷したスミロドンがしばらく生存していた化石が発見されている)その感情を考えると「飢餓感」という感情が「危険を察知する」本能を上回ってしまったのではないか?とも感じることができる。「牙」の存在で生き「牙」の存在で滅んでしまったスミロドン。進化の袋小路に陥った動物の姿はどことなく哀愁が漂う。
[PR]
by narutyan9801 | 2013-03-27 09:13 | 妄想(生物) | Comments(11)
Commented by たなべ at 2016-04-29 23:01 x
あの牙は使える代物だったのかも怪しいですね。
平べったく、長い牙を狩りで使うと、いくら軟らかい部分を狙って、暴れる獲物を強靭な前足で押さえつけたとしても、かなり負荷が掛かりそうな気がするのですが。
スミロドンの牙は、折れた個体は以外と少なかったようですし。
もしくは、襲われても暴れない鈍い獲物ばかり狙っていたのか。
それと、スミロドンの頭蓋骨を見る限り、現世の猫科動物のように下顎に牙がないですよね。

猫科の動物で、剣歯虎はすでにこの世には存在しないから確かめようもないですが、存在しないからこそ興味の尽きない動物ですね。
Commented by テキストブック at 2016-05-09 19:51 x
スミロドン、サーベルタイガーについて
なんでも2013年に
「最近、バイオメカニクスに基づく新たなコンピューターモデルを駆使した研究結果が発表された。

研究グループのメンバーであるアメリカ、オハイオ大学の古生物学者ローレンス・ウィットマー氏は、長い牙による獲物の捕獲方法や外敵への攻撃方法が、生物進化の過程でどのように発達してきたのかを解明するきっかけになるのではと期待している。今回は最新の成果について解説してもらった。 」
と結果が出ていますが、スミロドンはまったく別の方法で獲物をしとめていたと思います

私の考えるスミロドン、サーベルタイガーの獲物のしとめ方は
獲物の骨をかみ砕くのではなく、肉だけを引裂く方法。

サーベルタイガーの名の通り、鋭い牙をまずは突き刺し
噛んだままの状態で首の筋肉で体を固定し、強靭な前足で
獲物の体を勢いよく前方に押し出し、
牙をサーベル、ナイフのように使って獲物をしとめていたと思います
自分より大きな獲物には、
恐竜で爪で有名な「ディノニクス」のように爪を使って体にしがみつき、
何度も噛んで骨のない肉だけの部分を探しだすこともできるので
発達しているのだと思います
自分より大きな獲物にこの方法を使えば
肉を引裂きながら逃げることもできます

頭骨標本を前から見ても犬歯は縦に垂直で後ろ側は
最初は薄く鋭く、前側に進んでいくときに太くなっています
この方法の方が効率も良く説も合います
このような方法で獲物をしとめていたと考えた学者はいるのでしょうか

首などの骨のある部分ではなく
あばら骨の間などを肉だけの部分にかみつき
犬歯を自分の下あごまで突き刺されば
獲物を一気に突き飛ばす
といったような獲物を狩るという方法です
あばらを攻めれば牙が骨に当たることはありませんから
骨を攻めていたのならば、牙が折れる前に
内側の細い牙がまずは砕ける。
まず自分よりも大きな獲物を主食としている可能性
ということが非常に低い。
Commented by テキストブック at 2016-05-09 19:52 x
トラやライオンは犬歯を食事でも利用できるが
スミロドンは食事の際には殆ど役に立たない、
逆に食事では大きな邪魔になってしまいます。
襲い方は豪快でも、食べ方は謙虚だと思っています
そうなると食事には時間がかかってしまうので
大きな獲物ではなく、自分よりも小さな獲物を
主食にしていた可能性が高い。

そもそも「スミロドンの牙は諸刃の剣」と考えた時点で
なぜこれだけ多くの、牙の残った骨が見つかる割合の矛盾を
計算しているのかどうかが疑い深い。

アメリカ、オハイオ大学の
古生物学者ローレンス・ウィットマー氏は
牙は諸刃の剣の可能性があると考えるられる
スミロドンの化石が刃こぼれもなく、きれいな牙の残った
頭骨が何故これだけ数多く発見されているのか。
という研究が必要ですよね

>体形はトラともライオンとも違う前重心のスタイル。
ということからも、トラともライオンとも一致しない
下あごの犬歯のない、上あごの犬歯の牙発達の違いからも
獲物の仕留め方が違うと考えるべきですよね

何よりもトラは獲物をしとめるとき、射程範囲に入った
獲物の喉元をそのままかみつく方法ですが
ライオンはまず、どの部分からでも噛み付いて攻めながら
喉元を会得してから窒息死をさせている

そして仕留めた獲物を食べるときには、噛み付いてから
前足を利用して肉を引きちぎって食べている

虎もライオンも殆ど仕留めた獲物の骨は食べない
スミロドン、サーベルタイガーはいちいち窒息死より
最初から獲物の肉を引きちぎり弱らせながら
何度も攻めて獲物をしとめていたでしょう。
これなら食べる時に肉を引きちぎる手間がなくなる

一石二鳥の攻め方になるんですよ
Commented by たなべ at 2016-05-21 20:00 x
なるほど。
ハンティングにも色んな見方ができますね。
言われるようにあの剣歯では、ライオンやトラのような狩りはできないでしょう。

これはあくまでも自分の空想ですが、あの牙はハサミみたいに腱や動脈を切るなどして、動けなくしていたのではないかと思います。
でもこれには条件があって、獲物を暴れさせないように、まずは獲物を押し倒した上に、立ち上がらせないように、押さえつける強靭な力が必要です。
スミロドンの肩口から前足にかけての体躯はそこに現れてるのではないかと。
何でもネコ科の動物でありながら、クマ並みの体つきらしいですから。
以前にディスカバリーチャンネルで、スミロドンの特集をやってましたが、後ろ足が短いハンターは待ち伏せ型とされていたと思います。
茂みの中から突然獲物に襲いかかり、首もとを前足で押さえて、獲物に寄っ掛かる形で首もとへ牙を立てて動脈を切断し失血死させる、というようなスミロドンの姿がCGで放送されてました。
これが一番リアルだったかなと思います。

基本的に、ライオンやトラのように追いかける形のハンティングが不得意なスミロドンは、温暖化していく過程で、北米大陸の砂漠化が進み、茂みなど潜む場所が減ってしまったため、狩りができなくなって絶滅に至ったのではないか?とされてました。

番組の中では、草食動物が巨大化するに連れて、スミロドンの体つきも応じて特化し、そのやり方でしかハンティングができず、気候の変化に対応することなく滅んだ最後の剣歯虎がスミロドンだと結論してました。
Commented by テキストブック at 2016-05-23 19:21 x
私は番組は見ていませんが、スミロドンの絶滅は人間にもとても恐れられていて、見つかるや否やすぐに襲い殺されて絶滅したと考えています。
そもそもスミロドンは縄張りを持たない単独行動で豹の様な狩りをしていたと思います。
縄張りを保つには争いが必要です、激しい争いではあの剣歯はまさに諸刃の剣です、なのでスミロドンは仲間との争いは極力控えていたと思います。
そのため主食は自分より小さな獲物ですが、飢餓に陥ると自分より大きな獲物を襲っていたと思います。
スミロドンは自分より大きな獲物を仕留めても、自分だけでは食いつくせず、争いを避けるため、獲物はすぐに奪われてしまいます。
Commented by テキストブック at 2016-05-23 19:35 x
そのため自分より大きな獲物を襲う際には仲間同士で協力し合っていたと思います。
「腹が減った、腹が減った」と言う鳴き声はスミロドン同士の間では「自分より大きな獲物を狩りに行く、協力してくれ」という合図。
特に強いスミロドンであれば飢餓していなくても、十分に満足するまで食べるため、積極的に参加したと思います。
今仕留めた獲物であっても、飢餓した団体の中に獲物を放り込んで参加すれば、今すぐにでも獲物がほしい者は抜け出し、自然的に協力関係が生まれます。
Commented by テキストブック at 2016-05-23 19:59 x
マンモスなどの大型動物でもスミロドンであろうと人間であろうと集団で襲われると勝ち目はありません。
なので当時のスミロドンは人間を含むすべての動物から恐れられていたでしょう。
それで頭脳と協力体制の上回る人間に真っ先に積極的に殺されて絶滅したのだと思います。
スミロドンは現在のトラやライオンと同じ噛み付く力と推測されています、そのトラやライオンより鋭い牙をもっていたスミロドンは、現在「百獣の王」と言われるライオンとは比べ物にならないほど恐ろしいはずです。

科学者の殆どは「生物は今でも進化し続けている」と言って過去より現在の方が優れていると言っているが、この論文は「ホモ・サピエンス」が絶滅してしまえば「チンパンジー」等の生物の方が優れていると言っているようなもの。
人間も近来発展のしすぎで絶滅するといわれている、もし本当に絶滅してしまって未来で「チンパンジーの方が優れている」と思われるのは嫌だ。


スミロドンは多勢に無勢、ちょっとした進化の発展の違いで絶滅しただけだと思います。

Commented by たなべ at 2016-05-24 14:16 x
あの牙見ると確かに恐ろしいですね。
特に肉食動物は、相手を威嚇するときに牙を見せて優劣を決める習性があります。

以前、番組でライオンに餌箱に餌を置いて、目の前に大きな口と、長い牙で開閉する紙の作り物を置いといたら、初めライオンは餌に近づくんですが、その長い牙に恐れを為して逃げ出した様子を見たことがあります。
それ考えると、スミロドンのあの牙を見せつけられたライバルたち、ダイアウルフなどは逃げ出したんじゃないでしょうか?
もしかしたら、捕まえた獲物を横取りされてたかも知れません。
もしそうなら正に百獣の王、スミロドンですね。

最近、自分は恐竜よりも第三紀に生きた哺乳類に興味があります。
その中でもスミロドンは興味のつきない動物の一つです。
お付き合いありがとうございました。
Commented by テキストブック at 2016-05-24 20:46 x
スミロドンとライオンの骨格標本と見比べてみると噛む力はほとんど変わらないと思われます。
スミロドンの口の筋力は、ライオンの3倍ほどあると思われますが噛む力はライオンと同じか、もしかしたら弱いかもしれません。
スミロドンの口の筋力は、噛む力と口を開ける力6:4の割合で、ライオンは噛む力と口を開ける力9:1くらいだと思います、ライオンの噛む力を支える骨の割合はスミロドンの3倍以上です。
ワニの噛む力は1トンと推測されていますが、口を開ける力はその100/1の10kg程度だと言われています、噛む力が強くても口を開ける力が弱いため、瞬発的に口を開けることが困難で口をあけ切る前にジャガーに喉元を抑えられ仕留められてしまうのでしょう。
筋肉は筋力を働かせる場所より、抑えられれば10/1の力しか発揮できませんから。
スミロドンの口の筋力は閉める力、噛む力と開ける力があまり変わらないということは口を固定する力がほぼ同じなので、犬歯を刺して顎で固定しながら引き抜く方法が一番理想的だと思います。

噛む力はライオンと同じであっても、口を開ける力と閉める力「噛む力」の割合があまり変わらない「スミロドン」は、今の「ガラガラ蛇」や「ハブ」と同じ様に口を開けていなくても瞬発的に一瞬で噛み付くと子ができる恐ろしい生物であったでしょう。
Commented by テキストブック at 2016-07-24 20:44 x
スミロドンと同じ様な犬歯をもった有袋類「ティラコスミルス」と言われる絶滅種がいるみたいです
この動物はまさにとらえた獲物に何度も噛み付いて仕留めていたと思います
Commented by テキストブック at 2016-08-25 10:31 x
マカイロドゥス、ディニクティス、ゼノスミルス、ホモテリウム、メガンテレオン、スミロドン・ポプラトル、の順番で頭骨を見ていくとなんだか進化の過程を見れるような気がします